GUINOT INSTITUT・PARIS

0¥0

ギノーブランドとは


メッセージ

パリにあるジョルジュサンクホテル(FOUR SEASONS GEORGE V)のビューティサロンがギノー独自の機器を用いたエステティックメニューをVIP顧客に提供し始めたことから、私たちギノーの評価は一気に高まりました。
現在、ギノーはエステティックにおけるトップブランドとして、世界76カ国、12,000店のサロンやスパと協力し、各国で優れた美容サービスを提供しています。
ギノーの大きな特長は、医学的知識と科学的知識の両方を駆使した独自の化粧品を展開している点です。
さらに、その化粧品の効果を最大限に引き出すための機器とのコラボレーションが、いま世界各国の女性たちに高く評価されているのです。世界で認められたギノー独自のトリートメントを、ぜひあなたが試してください。
私たちと共に「美の世界」を創造してゆきましょう。


ブランドコンセプト

ギノーは女性の美しさを追求するフランスのエステティックブランドです。
しかし単に化粧品を提供するだけのブランドではありません。
ギノーには、お客様一人ひとりを個別に診断し、その結果に即した的確な施術をマンツーマンで行ってくれるプロのビューティシャンがいるのです。
ギノーのビューティシャンは、お客様の肌質を診断し、美容のための処方を導き出します。
さらに、それに基づいたアドバイスを行いながら、プロの技術でお肌のケアを行います。
自分専属のセラピストを抱え、数時間にもおよぶ美容サービスを満喫できる贅沢な体験。
これこそが全ての女性にさらなる満足を味わっていただける唯一の方法だとギノーは考えます。
ギノーがプロフェッショナルなブランド足り得るのは、まさにこのためなのです。


ギノーの歩み

1930年 ルネ・ギノー博士が、ガルバニック電流によるディープクレンジング効果と有効成分のイオン導入効果を発見。
1963年 ルネ・ギノー社設立。
1965年 ガルバニック電流を用いたエステティックシステム『イドラデルミー』トリートメントの発表。
それまで手技でしか行われなかったエステティック業界において、革新的なトリートメントとなる。
1990年 フランス国内で、エステティック化粧品No.1ブランドに登りつめる。
『イドラデルミー』がフランスにおけるトップトリートメントの証である『ル・オフィシャル賞』を受賞。
2002年 『イドラデルミー』に低周波を備えてバージョンアップした『イドラリフト』トリートメントを発表。
2005年 ボディ痩身機器による『テクニスパ』トリートメントを発表。
2007年 『アブソリューマンスール』の後継となる『アロマボディ』トリートメントを発表。
2009年 フェイシャル主力メニューである『ソワンリフトゾーム』をリニューアル。
ホワイトピーリングメニュー『ソワンボーテニュー』トリートメントを発表。

スポンサー活動

世界的なスポーツイベントへの注目は国内外を問わずますます高まってきています。私たちギノーが考えるプロスポーツの真の価値は、『チームスピリット』『本気で打ち込む姿勢』『情熱的な美しさ』であり、ギノーブランドの目指す姿もここにあります。

ギノーは以下のようなプロスポーツイベントのオフィシャルスポンサーとして活動しています。

  • ICE SKATING ISU(International Skating Union)世界フィギュアスケートオフィシャルスポンサー
  • FOOTBALL ヨーロッパチャンピオンシップ
  • TENNIS 各種トーナメント・オフィシャルスポンサー

会社案内

株式会社ギノージャパンは、フランスNo.1のエステティック化粧品会社ギノーが開発する、エステティックサロン向けプロユース商品を輸入し、独自のサロンケア技術とホームケア商品を提供しています。

社名 株式会社ギノージャパン
所在地
本社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-2-12渋谷4丁目ビル3F
TEL.03-3400-6444 FAX.03-3400-6445
大阪支店
〒542-0081 大阪市中央区南船場3-9-10 徳島ビル7F
TEL:06-6244-4555 FAX:06-6244-4556
設立 1993年(平成5年)10月1日
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 戸村史宏
事業拠点 東京・大阪
事業内容 香水、化粧品、石鹸、医薬部外品、美容機器の輸入及び販売、理美容、エステティックサロン、化粧品店の経営、指導、教育、店鋪開発、その他付帯する事業並びにこれに関する一切の業務